スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
6年越しで気になっていたところを書き直し、
結果として
まあ、7、8割は上手くいけたように思えます。


「じゃ、あとの2、3割は?」と
もし訊かれたら、
「完璧に仕上げることは
すくなくとも僕にはできないのです」と
こたえるしかないですね。


もちろん、
公表するのであるから
100%完璧なものであるべきなんでしょうね。
しかし、
どのようなものであれ
つくられた存在が100%完璧であるなんてことは
ありえないのではないか――と僕は思います
(これも、すくなくとも僕はということですよ)。


というのも、
僕は仕事の昼休憩のときに
『FishBowl』のこれまで公開した章を
読みなおしたりもしているのですが
「うーん、これじゃ駄目だな」と思う
箇所がところどころあるんですね。


句読点の位置を直したいなんてのは
たくさんあるし、
言葉が重複してる部分なんかは
時間をつくって絶対に直すでしょう。


そうやっていたら
《完成》させることなんてできないじゃないか! と
思いもしますが、
ま、
その通りなのでしょう。


何度も何度も自分の書いたものを読み、
その都度
幾つかの修正すべき点へ手をくわえていくというのを
きっと僕は繰り返していくことになるのでしょうね。
これは性格の問題なので
自分でも諦めるしかないことです。


いえ、
話の筋は変えないですよ。
だから、
既に読んで下さっている希少な方々は
ご安心下さい。
たぶん、どこを手直ししたのかわからない程度の
変化しかないはずですから。Cii9EVkw9bWIJ4h6AAIcaTsaelUAALVywIbLNoAAhyB71.jpg
2017/11/24(金) 19:35 生活 PERMALINK COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください